アーキスクエア公式ブログ■Archisquare Blog | 大阪・城東区

大阪市城東区の住宅リフォーム専門のアーキスクエアに在籍する一級建築士『中木村真宏』によるリフォーム最新情報や施工事例を公開! 住まいのホームドクターとしても第一線で活躍中!produced by Archisquare

防災の日2

9月1日は『防災の日』です。

1923年9月1日に発生した関東大震災の教訓を風化させないために制定された日です。
私たちにとっては、11年前の阪神大震災が記憶に新しいところですが、突然起こり得る災害に備えて、日々準備を怠ってはならないのです。
しかし仕事や家庭に追われ、つい忘れがちになってしまうのが防災意識です。
だからこそ、防災の日などの節目に、身の回りを見直す必要があります。

就寝中や仕事中、災害はいつ起こるかわかりません。
そこで、家族同士の連絡網を再認識しましょう。
災害直後は、電話等の通信手段が使えないことが多く、避難場所や集合場所、連絡手段などを決めておきましょう。また、懐中電灯やラジオ、電池や非常食などの防災グッズは、1年ごとに期限や動作確認をしておきましょう。

家の中では、地震などの揺れが発生した場合、家具の転倒したり、ガラスが破損したりしないか確認しておきましょう。家具転倒防止対策や飛散フィルムなどの防災対策が有効です。

パロマ製湯沸し器事故Part2

パロマ製の瞬間湯沸かし器による死亡事故問題で、新たな事実が判明しました。
当初メーカー側は、修理業者などによる不正改造が原因としていましたが、経年劣化による故障の可能性もあると、一転謝罪しました。
また、一部修理業者側から、「不正改造の修理方法についてメーカー側からの指導があった」というコメントや、不正改造の事実も把握していたのではという疑惑ももたれています。

パロマ工業による一連の謝罪コメント

パロマ工業サイト

心当たりのある方は、至急に製品番号を確認してください。
PH-81F,82F,101F,102F,131F,132F,161Fの7機種

こうした死亡事故について、製品本体の保証期間は1〜2年が一般的なので、製造後20年たった製品について無償修理をメーカー側に求めるのも確かに厳しい部分もありますが、「一酸化炭素中毒死」という死に至る危険性のある事故が発生するかもしれないということを、メーカー側、消費者側共に強い意識を持つことが必要です。

メーカー側の対応としては、無償有償に関わらず、定期点検の実施などを原則徹底するなどの対応を求めます。消費者側についても、調子がおかしいと思ったらすぐにメーカーに修理点検してもらうという意識を持ってもらう。無理に使用しない。

松下電器のガスファンヒーターの事故も同様ですが、こうした対応の遅れが、死亡事故につながり、結果マスコミに公表されたときには、大きな事件へと発展してしまいます。

これを教訓に、パロマ工業のみならず、ノーリツ、リンナイなど各社ガス器具メーカーの意識向上を望む次第です。

台風に備えて!シャッター・雨戸3

5a67ef03.JPGこれからの季節、台風の発生頻度が高くなります。
昨年は多くの台風が上陸し、各地に大きな被害をもたらしました。
台風時には、強い上昇気流とともに突風が発生し、飛来物が襲ってきます。それらが窓ガラスに叩き付けられると、ガラスはひとたまりもありません。
窓ガラスを守るには、雨戸やシャッターが大変効果的です。

木造住宅での雨戸の取付事例

鉄筋コンクリート住宅でのシャッターの取付事例

純和風木造住宅には鏡板付き雨戸、モダンな近代住宅にはシャッター雨戸が良く合います。戸袋の位置や庇の状況などによって取り付けできない場合もありますので、十分な下見が必要です。
雨戸などが取り付けできない場所については、安全合わせガラスがおすすめです。万一ガラスが破損しても、破片が飛び散らずに安全です。

台風に備えることは、防犯対策上も大変有効です。またその逆も言えるでしょう。
このような被害を未然に防ぐためにも、早めの対策が有効です。「備えあれば患いなし」です。

パロマ製湯沸し器事故3

パロマ製の半密閉式の瞬間湯沸し器の事故で、21年間で15人の死亡事故が発生していたことが判明しました。
原因は一酸化炭素(CO)中毒。
詳しい原因は現在調査中ですが、メーカー側としては、湯沸かし器の不正改造が原因と説明。一酸化炭素漏れが発生すると自動的に停止するはずの安全装置が、修理業者などの不正改造により作動しなかったとしています。

訪問販売にご注意!<サニックス業務停止命令>2

投函チラシや訪問販売、ダイレクトメールなど。
悪質な工事契約を結ばれたり、不必要な工事を強要されたり、中には気付いていない人もいるかもしれません。
「今なら無料キャンペーン」や「無料診断中」などのうたい文句にのせられ、契約してしまったいう方はいませんか?
最近では、火災報知器の設置義務に便乗しての訪問販売も増えているみたいです。

本当に良心的に無料耐震診断などを実施している業者もあるので、一概にすべて悪いとは言えませんが、その会社の実態を調べてからでも遅くはないと思います。見分けるのは大変難しいとは思いますが、慎重に選ぶ必要があります。

7月7日、大手シロアリ駆除業者のサニックスが、虚偽の説明をして駆除工事を勧誘したり、認知症の高齢者らに契約を無理強いさせたり、「シロアリに喰われているので、すぐに補強しないと地震で倒壊する」などと不安をあおり立てたりして、契約させたとして業務停止命令を受けていました。経済産業省は、会社ぐるみの不正として、業務改善の指示をしました。上場企業としては全国で初めて。

このように、上場企業であっても安心してはならないのです。業者の説明を鵜呑みにして安易に契約してはいけないといういい教訓になったはず。不信に感じた場合は、他の業者にも見積りや診断依頼をするのもいい方法です。こうしたことにならないように、訪問販売業者や無料診断といった甘い勧誘にはのらないよう注意してください。

当社でも、簡易無料診断は行っていますが、必要最低限の工事費用からご提案しますのでご安心下さい。

汚れない網戸5

汚れない網戸が、今話題を呼んでいます。

その網戸用ネットではられた網は、超親水加工がほどこされており、水をかけるだけで汚れを落とすことができるため、網戸をゴシゴシ洗わなくても、水をかけるだけできれいになります。または、雨により汚れを洗い流してもくれます。

ホコリが付きにくい網戸もあるそうです。
ナノ粒子固定化技術により、網の特殊加工により、ホコリやゴミの付着を軽減できます。目詰まりしにくく、風通しも良いのが特徴です。
まめに掃除できない吹き抜け部の高所窓や天窓といった部分にお勧めです。

他には、小さな害虫までもシャットアウトできる極小網目のネットや、ペットに破られにくい頑丈なネットなど、ネットの種類も多様化しています。

NBC製の網戸

これらのネットの貼替は、通常のネットより少々割高ですが、これらの網戸が普及することで、エアコンなどの使用頻度を抑え、CO2削減にも期待が持たれます。また、掃除が軽減できるため、掃除に用いる洗剤や水の使用を抑え、環境にも優しい商品といえるでしょう。

住宅の火災報知器、義務付け4

b7dd32b4.jpg平成18年6月1日より、住宅の火災報知器の設置が義務付けられました。
松下電工サイト参照。

住宅火災による死者数の60%以上の人が、逃げ遅れにより犠牲者というデータがあり、寝室や階段等には火災報知器を設置しなさいということになりました。
今年6月以降に販売された新築マンションや戸建住宅には設置されているはずです。

既存住宅についても、平成23年6月1日までに設置するよう、各市町村条例により期日が定められますので、リフォームなどの機会に、取付されるされることをお勧めします。

大きく分けて、煙感知器と熱感知器、電池式と電源式があります。基本的には煙感知器を取り付け、電源式(AC100V)が良いでしょう。
電池式は、市販で5,000円前後でありますが、2年に1度の電池交換が必要となるので面倒でしょう。電池式の場合は、1軒当たり30,000円〜50,000程度で工事可能です。

アスベスト工事に補助金2

a53f4c56.JPGアスベストの含有調査や除去工事などをお考えのオーナー様に朗報です。
6月から大阪市では、アスベストが含まれているかどうかの含有調査の場合に、戸建住宅で3万円、マンションやビルなどで10万円の費用を補助。除去工事に至っては、最大20万円まで補助する制度が始まります。
対象となるのは、不特定多数が出入りする共用部分や店舗、戸建は駐車スペースなどに限定されます。
当然、申請には大阪市との事前協議が必要です。
詳しくは、大阪市の窓口(住宅局監察課)まで。
他の自治体でも同様の補助制度がある場合がありますので、お確かめ下さい。

玄関ルーバー網戸4

4b918eaf.JPG通風がとても心地良いシーズンになり、網戸の注文が増えています。
玄関にルーバー網戸を取り付けてみてはいかがでしょうか?

特にマンションの場合は、窓だけでは十分な通風が得られないケースが多くあります。玄関ドアを開放することによって、心地良い通風効果が得られることが多いのです。室内に通風を取り入れることで、換気もできますし、心地良い気流が発生して体感温度を下げてくれます。夏場には、どうしても閉め切った部屋でエアコンに頼りがちになります。

網戸の性能としては、蚊などの害虫対策はもちろん、目隠し効果に大変有効です。可動式のルーバーにより、通路からの視線もシャットアウトでき、施錠も可能です。省エネかつ経済的で、環境にも優しい商品を是非お試し下さい。

NEDOの補助事業4

68e97188.JPG皆さん、NEDOの補助事業をご存知ですか?
NEDOとは、独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」のことです。
産業界や大学、公的研究機関の総力を結集して、日本の産業技術とエネルギー・環境技術等を世界へ向けて、戦略的に計画を策定したり、また、中核的な技術開発実施機関として、高度なマネージメント機能を提供している団体です。

そのNEDOが地球温暖化対策として、省エネルギーを推進しており、新築住宅やリフォーム時に、ある一定基準の省エネ効果が得られる場合の工事に対しては、その一部に補助金を出してくれるという制度です。
当然、書類審査があり、それをクリアした物件に対して支給されるもので、工事完了後に一定期間電気料金やガス料金などの調査協力が必要となります。
詳しい内容は、下記をご参照下さい。
平成18年度住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業−住宅に係わるもの−のご案内

簡単な例でいうと、リフォーム工事で、既存窓に二重サッシとして内窓(インナーサッシ)を取り付けて、高効率のエアコンに取り替えた場合などが対象工事になり得ます。
今後そのような工事をお考えの方には朗報です。是非一度、検討してみてはいかがですか?ただし、工事の時期に制約があるので、ご注意下さい。
 
自己紹介
人気blogランキング
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
楽天市場
Archives
楽天市場
Recent Comments
最新コメント
楽天市場
  • ライブドアブログ