アーキスクエア公式ブログ■Archisquare Blog | 大阪・城東区

大阪市城東区の住宅リフォーム専門のアーキスクエアに在籍する一級建築士『中木村真宏』によるリフォーム最新情報や施工事例を公開! 住まいのホームドクターとしても第一線で活躍中!produced by Archisquare

耐震強度偽造問題5

本日私は、国土交通大臣及び大阪府知事指定の管理建築士の講習会に参加しました。
建築士事務所には、その事務所を開設する場合に、専任となる管理建築士をおく必要があり、常勤でなければならず、兼業してはならないということになっています。
その管理建築士の資質向上を図るもので、5年に一度の受講が義務付けられています。

そこでやはり話題となったのは、マンションやホテルなど建築確認申請業務において、構造計算を偽り耐震強度を偽造した一級建築士の問題です。
本来設計監理を請け負った建築士は、発注者(施主)の安全と利益を図るため、設計図書通りに施工されているかどうか、施工業者の施工不良などを指摘し、是正する立場にあります。
しかし現実には、施工業者が設計及び工事を請け負い、設計業務を設計事務所に発注するという構図が多々あります。そのような場合、設計事務所は下請けの立場にあり、発注業者である施工業者に指摘がしづらい立場にあります。そうした請負関係が、このようなトラブルへと発展した経緯があるように思います。

昨日、国土交通省による聴聞に対し、問題の建築士は、「発注者や施工会社の何らかの圧力があった」と供述しているようですが、今後事実関係が明らかになってくるはずです。今回の問題は刑事事件へと発展する可能性があります。これを契機に、建築士法も大きく改正される事態へ発展することでしょう。今後は、国家資格である建築士の更新制度の導入も検討されるということです。

この問題は決して他人事ではありません。阪神淡路大震災においても、手抜き工事による欠陥住宅の倒壊が相次ぎ、欠陥住宅問題がクローズアップされるようになりました。地震等の災害に遭ってからでは遅いのです。
皆様も、信頼のおける建築士に相談されることをおすすめします。

悪質リフォーム多発!!2

最近話題の悪質リフォーム業者。訪問販売が主流で、お年寄りや主婦がターゲット。
少し傷んだ外壁の家や、修理しそうな家を見つけては訪問し、気軽に声をかけては、不安をあおりたてて工事を受注します。

■無料診断■や■無料工事■には特に要注意。そんなにおいしい話はありません。
手口はこうです。
「今この近くで工事やっているんですけど、お宅の雨樋はゴミが溜まっていませんか?今ならはしごを積んでいるんで、無料で掃除してあげますよ!」と声をかけ、無料ならお願いしますと頼んだら、「ついでに屋根を見たら瓦がかなり傷んでますよ!早く直さないと家が傷みますよ。」と不安をあおりたてます。
「今日までサービス期間なので、今注文いただくと300万円のところ半額の150万円で工事できます。」と適当な値段で工事見積りをします。それで契約書にサインしたら最後、相手の術中にはまってしまいます。

中には屋根の無料診断で、屋根に上がってわざと瓦を割って写真を見せるという手口もあるそうです。
床下換気工事や耐震補強工事、屋根の葺き替え工事などが主流で、床下や屋根など、住人が確認することの出来ない場所を狙ってきます。甘い誘いには十分にご注意下さい。

当社でも建物の目視による簡易診断は無料で行ないますが、そのようなことはないのでご安心下さい。

住宅侵入盗被害 大阪激増3

昨年の2倍のペースで、大阪近郊で「ピッキング」や「サムターン回し」の被害が急増している。いったん減少傾向にあったピッキング被害がここにきて一転増加している。中国人グループなど外国人窃盗団のターゲットが、東京から大阪へ変わってきたと見られる。
2003年「ピッキング防止法」が施行されてから減少していた被害件数が、今年に入り多発しており、特に大阪市内や北摂エリアのマンションでの被害が多い。大阪府警でも、パトロールを強化する一方で、各世帯での自衛策を呼びかけている。



あなたの住宅も狙われている―防犯マニュアル

空き巣被害が大阪で急増4

d8e7e4a9.jpg大阪府内で、今年1月から6月に発生した「空き巣狙い」は、前年よりも3割も増加している。これからの年末へ向け、さらに被害件数は拡大しそうな勢いだ。
府警の統計では、マンションやアパートなど共同住宅が約7割で、ガラス破りとピッキングが大半を占めている。
当社も面格子や防犯ガラス、シリンダーなどの防犯商品を扱っているが、ここ数年使用する機会が増えている。近年、防犯カメラやオートロックなどハイテク技術が普及する中、忍び返しや玉砂利など、古典的な防犯対策が見直されている。見た目にあまり良くはないが、抑止力に効果がある。ペットを飼っている住宅も比較的被害にあっていない。
防犯ハイテク設備に目が行きますが、古典的な防犯用具を見直してみては?
詳しくは当社サイトで。



あなたの住宅も狙われている―防犯マニュアル

アスベスト問題について3

今話題のアスベスト(石綿)問題。住宅にも数多く使用されています。
アスベストは天然に広く産出される鉱物で、溶岩が冷えて固まるうちに形成され、主成分はケイ酸マグネシウム塩です。低コストで、酸やアルカリにも強く、燃えないので、工業界で広く扱われていました。
住宅など建設業界では、断熱材や防音材、不燃材として多く使用されていました。

しかし、健康被害への影響があることから、少しずつ使用は制限されていましたが、今日に至るまで、全面禁止にはなっていませんでした。数十年前くらいからヨーロッパ各国では、全面禁止になっていたにも関わらず、なぜ、日本では全面禁止にならなかったのかが大きな問題です。
国民への健康被害よりも、工業界の営利優先を重視したことが、こういう結果につながったと考えます。各企業や工業団体等の政界への圧力が、アスベスト全面禁止を遅らせたのです。今後、さらにアスベスト被害は拡大すると予測されています。アスベスト製品を多く含んだ住宅やビルの解体は、20〜30年後にピークを迎えるといわれています。この状況を、当時の団体や企業の幹部連中は痛感すべきです。

当然ながら、私も建築の現場において、アスベスト製品に遭遇することがあります。以前はさほど気にしなかった製品に、自分自身や作業員への安全面から、最近では取扱にとても躊躇してしまいます。今後も、リフォーム工事の解体時には、こうした問題に直面するはずです。民間レベルでの対応だけでは、かなり難しい面がありますので、早急に対策が講じられる事を強く願います。

アーキスクエアBLOGスタート!

世の中にあふれるリフォーム関連ニュースの中から、中木村真宏が気になるニュースをピックアップし、私の思いをこのブログに残していきたいと思います。
私の主催するリフォームオフィス・アーキスクエアの最新情報もお伝えします。
自己紹介
人気blogランキング
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
楽天市場
Archives
楽天市場
Recent Comments
最新コメント
楽天市場
  • ライブドアブログ