アーキスクエア公式ブログ■Archisquare Blog | 大阪・城東区

大阪市城東区の住宅リフォーム専門のアーキスクエアに在籍する一級建築士『中木村真宏』によるリフォーム最新情報や施工事例を公開! 住まいのホームドクターとしても第一線で活躍中!produced by Archisquare

ゴミ分別やリサイクルは,本当にエコ?4

本日は約4年前にシステムキッチンをお取り付けさせて頂いたお客様宅にて,食器洗い乾燥機を取り付けてきました。当初,ビルトイン型食洗機をご希望でしたが,キッチンメーカーから後付けは不可という回答がありましたので,卓上型食洗機にしました。

食洗機を後から設置する場合には,分岐水栓を取り付ける必要があります。方法としては,既設の水栓に分岐栓を取り付ける場合と,別途食洗機用の分水栓を付ける方法があります。今回は分岐水栓ユニットで工事を行いました。

分岐水栓ユニット食洗機は「節水・節約」で,環境にやさしく省エネというイメージで宣伝もされていますが,はたして本当でしょうか?一般的な手洗いを参考に算出したデータを基に,年間2万円お得というような比較表が掲載されていますが,手洗いの仕方や食洗機の使い方によって大きく変ってくると思いませんか?食洗機を製造する段階で大きなエネルギーを消費していることも事実なのです。

だからといって,食洗機が良くないといっているのではありません。
お湯を出しっぱなしで,じゃばじゃば食器を洗っている人であれば,水やガス代のロスが大きく,食洗機を使えば2-3年で食洗機代も浮きますし,節水・省エネにもなるという考え方です。普段からこまめに水を止めて手洗いされている方や,食器の量が少ない方であれは,さほどメリットは感じないかもしれません。要するにその人の使い方で大きく左右されるということです。

古紙再生紙の偽装問題もそうですが,実際には古紙の使用率を下げないと品質を確保できないという現実。せっせと回収した古紙や新聞紙も十分にリサイクルされていない可能性もありますし,実際には古紙のインクを落とすための化学薬品の使用や,それらの排水の問題など,一方ではこうした問題も指摘されています。

ペットボトルも再利用できるという理由から,年々使用量が増大していますが,実際にはリサイクル率は伸び悩んでいますし,再利用するためには大きなエネルギーやコストを必要とします。

人が快適,便利になればなるほど,省エネや環境問題からはますます遠ざかるように思います。節電や節水,エコバック,簡易梱包,自転車通勤,公共交通機関利用など,身近でできることは率先してしていくことは大事ですが,環境にやさしいからといって安易に買い替えるのではなく,大切に物を使うことが大事なのではないでしょうか?

究極論でいえば,50年以上前の暮らしに戻っていくことが,本当の意味で環境にやさしいエコといえるのではないでしょうか?

窓の断熱を等級表示3

窓の断熱性能を,星印4等級で表示を実施。

二酸化炭素CO2などの温室効果ガスの削減を推進するために,来年4月から星印を付けたラベルを製品に貼って販売するように,住宅建材メーカーなどに要請しています。

経済産業省は,消費者の環境への意識や,断熱性に優れた製品への購入意欲を高め,省エネ促進を図りたい考えなのです。

日本板硝子のエコガラスの性能表示

日本板硝子製品取扱施工店(大阪府大阪市)

京都議定書での「1990年度比6%」の削減目標を掲げている日本ですが,2006年度は逆に6.4%増加している現状があります。企業から排出される二酸化炭素の排出量は,若干減少しているものの,一般家庭から出る二酸化炭素が30%以上も増加しており,住宅からの排出量削減が急がれるところです。

随時,施工事例更新中3

日々,施工事例を更新していますので,是非ご覧下さい。

リフォーム事例の分類の仕方は,各社によって部位別や予算別など様々ですが,弊社サイトでは,全面改装を中心としたデザイナーズリフォームと題したリフォーム事例と,アルミサッシを得意とする弊社ならではの開口部リフォーム事例。それと,手摺や段差解消などバリアフリーを趣旨に,介護保険を利用した住宅改修事例。防犯を目的としたセキュリティ強化事例と,4つに分類されています。

それぞれの工事別に,使用した商品名やメーカー名,予算などを明記しているので,今お考えのリフォームに照らし合わせて,参考にして頂ければと思います。

デザイナーズリフォームの施工事例 現在11例
窓や玄関など開口部の施工事例 現在18例
バリアフリーリフォームの施工事例 現在16例
セキュリティ強化の施工事例 現在8例

新年のご挨拶1

明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご愛顧を賜り,誠にありがとうございました。

今年は干支は「子」。子年は,「増える」や「豊穣」を期待するという意味から,財を成す年,景気が上向きになる年というように言われていますが,年明け早々株価も暴落し,景気が良くなるような良い話題がありませんね。

新築住宅着工件数も昨年同様,伸び悩むことが予想され,建設業界でも先行きあまり期待は持てませんが,その反動もあり,リフォーム市場は昨年以上の期待が見込まれています。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

アーキスクエア、スタッフ一同

年末年始休業のお知らせ1

平素は格別のお引き立てを賜り,厚く御礼申し上げます。
さて,誠に勝手ながら,年末年始の休業を下記の通り実施させていただきます。
つきましては,ご迷惑をお掛けしますが,何卒宜しくお願いいたします。

冬季休業期間 12月30日(日)〜1月6日(日)
1月7日(月)より通常通り営業致します。

各住宅建材機器メーカー等も同じような冬季休業期間となりますので、発注配送業務ができなくなりますので、ご了承下さい。

毎年のことですが、師走の時期、年内希望の工事が増え始め、日々奔走している状況です。皆様のおかげで,今年も大変忙しくさせて頂きました。一年間本当にありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いいたします。


年末に向けて防犯強化!part23

年末に向けての防犯強化パート2です。
通用口の防犯として,部屋内側に格子ドアを取り付けて,2重扉とし,その扉をアルミ格子戸にして,さらにカギを両面シリンダーにして防犯効果を高めました。

外開きのドアなので,外部に格子を付けたり,シャッターが取り付けできないような場所におすすめの施工例です。

欠点は,外から格子戸が見えないので,抑止力が働かないということです。

当社の防犯施工事例を参考に,防犯対策を実行してください。
防犯対策はこちら→

防犯格子ドア



あなたの住宅も狙われている―防犯マニュアル

年末に向けて防犯強化!3

早くも師走です。
寒さも本格化してきて,これから時期,空き巣被害が多くなります。
良い年を迎えるためにも,防犯を強化して下さい。

守口市の某所で空き巣被害にあった事例です。
アルミの面格子を切られ,侵入された現場です。

アルミ格子の場合,短時間での切断が可能です。
たいした工具も必要とせず,狙われやすいポイントです。
面格子があるからといって,窓を施錠しないのいけません。

この現場は,夜間も防犯灯が真上にあり,住人も油断していたようです。
車通りもあるので,「まさか,ここから」といった様子でした。

油断は禁物です。
当社の防犯施工事例を参考に,防犯対策を実行してください。
防犯対策はこちら→
アルミ面格子破壊


あなたの住宅も狙われている―防犯マニュアル

シックハウスに観葉植物は効果がない!?2

ホルムアルデヒドやトルエンなどの揮発性化学物質が原因とされるシックハウス症候群の防止対策として,光触媒による分解や,空気清浄機による除去などが近年注目されていますが,観葉植物にはほとんど効果がないことが,兵庫県立生活科学研究所(神戸市)の調査でわかりました。

一般的には,植物での空気浄化作用に効果があるのではと期待されていましたが,ほとんど効果がないということが判明し,過度の期待は禁物という結果になりました。
しかし,化学物質の吸着や分解に効果がないというもので,植物には調湿効果や癒しの効果はあります。

シックハウス症候群への取り組みについて

空気清浄機などに頼るのも間違いとはいいませんが,やはり「こまめな換気」が一番効果的。
それと,できるだけそのような建材を使用しないということが重要です。
(2007年12月2日読売新聞より)

内窓プラマードU(YKKap)取付工事3

先日,新築マンションの内窓工事を行いました。
内窓は,開け閉めが面倒になるという点以外は,断熱性・防音性・気密性・省エネ・防犯性がそれぞれ向上します。
特に断熱性能は顕著に現れ,結露にお困りの方はお勧めです。
冷暖房費の削減により,省エネにもつながるので,国も積極的な採用を促しています。

実際に自邸のリビングの窓3ヶ所にも取り付けましたが,それまで冬場月額2〜3万円かかっていた電気代が1〜2万円になりました。特に電気系のヒーターを多く使っていたからです。夏場の冷房にも最適です。

今回は夜間の音が気になるということで,防音対策として樹脂製内窓を設置。
より防音効果を高めるために,ガラスは真空ガラス「スペーシア」を採用。
工事は半日で完了します。これからがシーズン到来です。

工事のご相談はアーキスクエアにお任せ下さい!

         
内窓(枠取付)まずは枠の取り付けて    











内窓(障子建込)次に障子を建て込み調整











内窓(完成)これで完成!約1時間続きを読む

バリアフリーリフォーム完成!4

10月半ばからかかっていたバリアフリーリフォームが完成しました。
広縁だったスペースを主寝室にリフォームし,車いす対応の洗面台と小便器を設置し,動線を短くしました。引戸も4枚建て,4本溝にして大きな開口を確保。
ガス式床暖房やエアコンも完備。高断熱サッシにて,冬場の冷え込みも安心です。

出入口部分も変更して大きな上吊式引戸に変えました。出入りの段差もなくなり,スムーズに出入りができるようになりました。

約3週間のリフォーム工事。今回は,パーキンソン患者の方の工事でした。日常生活動作を改善するためのリフォームですが,結果として介護者の負担の軽減にもつながります。詳しくは,また施工事例にてご紹介しています。

大阪市城東区F邸介護リフォーム工事事例

小便器と洗面台






大型引戸






バリアフリーリフォーム
自己紹介

中木村 真宏

有限会社アーキスクエア
一級建築士
一級建築施工管理技士
二級福祉住環境コーディネーター
インテリアコーディネーター
給水装置工事主任技術者
大阪府応急危険度判定士
エコリフォームプロ

人気blogランキング
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
楽天市場
Archives
楽天市場
Recent Comments
最新コメント
楽天市場
  • ライブドアブログ