玄関や窓など開口部回りのリフォームは,工事が大掛かりで大変そうだと思っている方。カバー工法であれば,短期間かつ低コストでの工事が可能です。

実際に古いサッシを取り外して取り替えようとすると,外壁補修や内装工事も必要となり,サッシ取替以外の費用もかかり,工事期間も長くなってしまいます。それらを解消してくれるのが,カバー工法という改修方法です。

サッシカバー工法上枠断面サッシカバー工法下枠断面







カバー工法という考え方は,既存のアルミサッシ枠は取り外さずに,その上から新しいアルミサッシ枠を被せるという方法です。アルミサッシの取り付けは,木造や鉄筋コンクリート造にかかわらず,建物躯体(骨組み)が完成すれば,すぐに枠を取り付けます。そのために,外壁や内壁よりも下に隠れているので,取り外すのは容易ではありません。また,雨仕舞いの観点からも,取り外すよりも上から被せた方が良いのです。少々開口部面積は小さくなりますが,工期も短縮でき,工事費用も削減できます。

古くなったサッシでは,パッキンが磨耗し気密性が悪くなり,遮音や断熱性能も低下します。開閉不良やすきま風でお困りの方,是非一度弊社までご相談下さい。

ただし,マンションの場合は,サッシは共用部となるため,所有者といえど独断での工事はできませんので,管理事務所や理事会での事前の協議が必要となります。

弊社でのサッシ改修の施工実績はこちらから