マンションのエントランスドアのフロアヒンジを交換した事例です。ヒンジの油圧バランスが悪くなると,スムーズに開閉しなくなります。スピード調整は可能ですが,油が漏れ出していると,交換しなければなりません。

ヒンジのステンレス蓋に『NEWSTAR No.H-222』と刻印があり,これより型番が特定できます。

ニュースターH-222

ニュースター H-222 は廃番商品で,本体のみの交換は可能です。ただし,埋め込みケースが腐食している場合は,ケースごと埋め替えが必要になります。

ニュースターH-222

画像のようにケースが腐食している場合は,モルタル等で固定します。

大阪でフロアヒンジの交換はアーキスクエアへご相談下さい。

「人と環境にやさしい住まいづくり」有限会社アーキスクエア
大阪市城東区関目5-20-3 06-6933-0150
http://www.archisquare.net