最近よく聞かれる「リノベーション」という言葉。
リフォーム会社や不動産業者などの広告などで使われ始めていますが,ではリフォームとどう違うのでしょうか?

リフォームと同じような使われ方をしますが,リフォーム「reform」の直訳は,改善する,良くするという意味。一般的には不具合を改善したり,修繕したりという意味合いで使われていますが,範囲が非常に広く,トイレのみを改装することもリフォーム,家丸ごと改修する場合も全面リフォームなどと使われています。

リノベーション「renovation」の直訳は,修理や改造,修復という意味ですが,業界では,再生や付加価値を与えるという意味合いで使われています。特に中古物件をまるごとリフォームする場合に,リノベーションと使われています。

リフォームという言葉に飽きがきて,リノベーションやリモデルといった目新しいキーワードを使っているのかもしれませんね。

築20年を超えたような中古マンションを安く購入して,全面リフォームし,「リノベーション物件」として販売するような会社も出てきています。新築マンションよりかは安い価格帯でないと売れないので,見栄えと価格が重要となります。
マンションの場合,以前は「スケルトンリフォーム」とも言われていました。