アーキスクエア公式ブログ■Archisquare Blog | 大阪・城東区

大阪市城東区の住宅リフォーム専門のアーキスクエアに在籍する一級建築士『中木村真宏』によるリフォーム最新情報や施工事例を公開! 住まいのホームドクターとしても第一線で活躍中!produced by Archisquare

敷居

敷居撤去で段差解消!|バリアフリー|大阪・寝屋川

年を老うごとに,わずかな段差でつまづいた経験はありませんか?室内に点在する敷居の段差は,ちょうどつまづき易い段差なのです。

『敷居撤去前』
敷居

廊下側の段差15mm,室内側の段差は32mmあります。大きな段差は意識して足を上げようとしますが,わずかな段差では足を上げているつもりでつまづいてしまいます。

『敷居撤去後,敷居スロープ設置』
敷居スロープ

敷居スロープを設置することで,5mm以下の段差に抑えることができました。

敷居撤去は段差解消となり,介護保険が適用できます。詳しくはアーキスクエアへご相談下さい。

「人と環境にやさしい住まいづくり」有限会社アーキスクエア
大阪市城東区今福西1-14-8  06-6933-0150
http://www.archisquare.net

敷居の段差を軽減■介護保険で敷居撤去工事

今回は廊下からトイレに入る部分の敷居の段差を軽減する工事を行いました。
敷居段差_1
廊下からの段差は約30mmあり,トイレからの段差は約55mmありました。

敷居を取り外すとこんな状態です。
高さや奥行きなどを採寸し,ここに合った敷居を工場で製作します。
敷居段差_2

敷居を取り付けて,塗装すれば完成です。
敷居段差_3
廊下からの段差はなくなりましたが,トイレ側に約20mmの段差が残ったので,スロープ板を取り付けて完成です。

これで車椅子での出入りもスムーズに行えます。勿論,介護保険対象工事です。工事は2回に分けて実施しました。

敷居段差_4

「人と環境にやさしい住まいづくり」有限会社アーキスクエア
大阪市城東区今福西1-14-8  06-6933-0150
http://www.archisquare.net

マンション玄関ドアの修理5

マンション玄関ドアの開閉不良の修理。
築年数が20年を超えるようなマンションにお住まいの方必見!
ドアの開閉不良でお困りの方はいませんか?
昨日は,城東区の某マンションのドア枠補修工事をしていました。

最近では大規模改修などで玄関ドア本体を交換するマンションも増えていますが,取り急ぎ補修で対応する方法もあります。

玄関ドアの結露や雨水の浸入などが原因で,鉄製のドア枠が錆びて膨張し,敷居を持ち上げます。結果,下枠とドア本体がこすれて開閉が困難になってしまいます。
玄関枠は共用部に当たるため,管理組合負担で修理してくれるマンションもありますが,大抵が自己負担となってしまうようです。
多くの部屋が一斉に悪くなれば,管理組合側での修繕ということになるのでしょうが・・・。

管理組合やマンションの管理人の方は,ぜひご相談下さい。
当社直営施工もしていますので,価格もリーズナブルです。

マンション玄関ドア敷居改修前改修前






マンション玄関ドア敷居改修中改修中






マンション玄関ドア敷居改修後改修後
  

続きを読む
自己紹介

中木村 真宏

有限会社アーキスクエア
一級建築士
一級建築施工管理技士
二級福祉住環境コーディネーター
インテリアコーディネーター
給水装置工事主任技術者
大阪府応急危険度判定士
エコリフォームプロ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
Archives
楽天市場
最新コメント
Recent Comments