アーキスクエア公式ブログ■Archisquare Blog | 大阪・城東区

大阪市城東区の住宅リフォーム専門のアーキスクエアに在籍する一級建築士『中木村真宏』によるリフォーム最新情報や施工事例を公開! 住まいのホームドクターとしても第一線で活躍中!produced by Archisquare

被害

住まいの防犯と防災の矛盾5

「泥棒に入られた!?」,後を絶たない侵入盗被害。被害件数は増え続ける一方です。ここでいう侵入盗被害とは,「空き巣」「忍び込み」「居空き」のことをいいます。

侵入盗被害_01侵入盗被害_02












「空き巣」とは,住人が留守の時に侵入し金品を盗むことをいい, 「忍込み」は夜間に住人が就寝時に侵入し、金品を盗むことをいいます。また,「居空き」とは日中住人が昼寝や食事をしている隙に侵入し,金品を盗むことをいいます。


平成19年度の住宅を対象とした被害件数での全国ワースト5では,順に愛知,埼玉,東京,大阪,千葉という結果で,大阪は全国でワースト4位となっています。大阪での被害件数は年間約8,070件で,日々府内のどこかで22件のペースで被害が発生していることになります。その被害総額も約40億円と,1件当たりの被害額は約58万円にもなります。


金品の窃盗被害以外にも,ガラスやドアを壊されて修理する費用もかかります。しかし,被害者の方が口を揃えていうことは,金品を盗まれた被害よりも,精神的な被害の方が大きいといいます。一度侵入盗被害に合うと,長期間精神的苦痛に悩まされ続けます。留守宅に帰るのが怖い。また,わずかな物音が気になり,睡眠を妨げられて不眠症になったりと,お金には代えられない苦痛を被ります。


圧倒的に多い被害事例は「ガラス破り」です。「ガラス破り」とは,ガラスを割って錠前やクレセントを開けて侵入する方法です。対策としては,窓に格子を付けたり,カギを増やしたりする方法が一般的ですが,防犯センサーを付けたり,センサー付照明を付けることも効果的です。被害に遭う前に,是非とも防犯対策を講じてください。

しかし,あまり防犯を意識しすぎて,全ての窓に格子やシャッターを付けたり,カギを過剰に付けると,災害発生時に避難経路の妨げになることもあります。特に高齢の方の住まいには注意が必要です。火災や地震で住まいから避難する際に,格子やカギにより避難経路を遮られて,逃げ遅れてしまうことも考えられます。こうした場合には,防犯合わせガラスが大変効果的で,災害時の安全ガラスとしても利用できます。このように,防犯と防災には相反する要素があることも認識する必要があります。

また,近隣や地域住民の間で,情報交換や連携を行うことが,互いの防犯・防災意識を高め,地域の被害減少へとつながっていくと思います。

防犯・防災対策は,弊社へご相談下さい。

防犯マニュアル「あなたの住宅も狙われている」著:中木村真宏

住居侵入盗(空き巣)被害にご注意を!■防犯リフォーム5

住居侵入_2年の瀬に近づくにつれて,空き巣被害が増えています。弊社の周辺でも「泥棒に入られた!」という声を耳にします。12月に入ってからガラス交換依頼が数件有り,防犯対策を強化して欲しいと思います。

空き巣被害の多くは,「ガラス破り」というガラスを割って侵入する手口です。ガラスが割られても開錠できないよう,防犯フィルムを貼ったり,補助錠を付けたりするだけでも防犯効果は向上します。

住居侵入_1面格子が付いているからといって,鍵をかけていないのは無用心です。トイレや浴室の窓は換気のために鍵をかけないという方も多いのですが,もしかしたら狙われているかもしれませんよ!十分に警戒してください。


防犯マニュアル
住宅の防犯マニュアルを読んで,できるところから少しずつ防犯対策を始めてください。

防犯マニュアル「あなたの住宅も狙われている」

ピッキング被害激減-2007年度2

「ピッキング」による不正開錠での侵入盗被害が,近年激減しているという報告。【読売新聞夕刊4月7日付】

2000年に全国でのピッキングによる被害件数が約3万件近くあったものが,昨年は約700件余りと,ピーク時の約1/40になったというもの。

ピッキング防止法施行や防犯錠普及により,近年激減したと見られます。
私が出版した防犯マニュアル「あなたの住宅も狙われている」2004年3月発刊を書き始めた頃がまさに全盛期。防犯シリンダーを注文しても数ヶ月待ちという状態。どこの鍵メーカーも製造や改良に追われていて,納期が全く確定できない状態でした。

また,被害が集中した都心部では,不審者や外国人への職務質問を徹底し,不法滞在の外国人や窃盗団の摘発を強化したことも効果があったのだといいます。
これにより,侵入盗被害件数も2002年の約34万件から2007年は約17万件と半減しています。

だからといって油断は禁物です。常日頃から防犯意識を持ち,相手にスキを見せないようにして,少しの間でも施錠する習慣を身に付けましょう。
自己紹介

中木村 真宏

有限会社アーキスクエア
一級建築士
一級建築施工管理技士
二級福祉住環境コーディネーター
インテリアコーディネーター
給水装置工事主任技術者
大阪府応急危険度判定士
エコリフォームプロ

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
Archives
楽天市場
最新コメント
Recent Comments